HOME > ActiBook SaaSの導入事例 > お客様の声-キットファニチュア様

導入事例

ActiBook SaaS導入事例-お客様の声(1)-

キットファニチュア様

貴社のご紹介をお願いします
北谷様:弊社は国内最高峰と言われる高級木製家具「家具の宝石」キットファニチュアの製造・販売会社です。
私たちが製造・販売する家具の特徴は大きく3つあります。
1つは、家具全体に「革張り」しているということです。家具の木地に染色した子ヤギの革を貼り付け、革の上にポリエステル樹脂を塗り、磨き上げて完成します。
まるで指紋や手相のように模様が一枚一枚違う子ヤギ革は染色することで立体的な表情を放ち、樹脂の輝くばかりの光沢感も加わり、見る者、使う者を驚かせるだけでなく、虜にしてしまうほど不思議で美しい家具です。
2つ目は、国内外問わず同じ技術を持つメーカーが存在しないということです。 繊細な子ヤギ革を使うため、ほとんどの工程が手作業となります。熟練職人ならではの技と木目細かな手仕事が欠かせません。また、木材、革、ポリエステル樹脂をひとつにボンディングする技術がとても難しく、たとえ真似をしても成功する他社メーカーが数十年間不在です。(この製法は特許取得済みです。)
3つ目は、国内(超)富裕層を主体としたお客様に愛用され続けているということです。手間隙の掛かる工程の連続、厳選した素材を使うことなどから、製造コスト、販売価格ともに高くならざるを得ません。しかし、高品質はさることながら、革張りという稀少性、輝く美しさ、そしてお客様のご要望をダイレクトに反映するモノづくりなどから、親~子、孫と長きに渡りお付き合いさせていただいています。

貴社のご紹介をお願いします http://www.tokyo-kit-furniture.com/

電子ブックを検討された背景をお聞かせください
北谷様:今から数年前、電子ブックがはじめて登場したとき、「いいものが出てきた」と直感で感じました。
しかしこの時はまだ、高速ネットワーク環境の普及度合いが低く、PC・インターネットの利用世代が限られていたと思います。 電子ブックのシステムも数百万からと中小企業が単独で利用するには、やはりまだまだ負担が大きいと思いました。
また、何よりお客様が紙ベースのカタログや資料をご要望されるのが主流でした。
このようなことから、「使いたいなぁ」という気持ちをいったん抑えこみ、インフラ普及やコスト低減のタイミングを待つことにしました。
その後、時の経過とともに、環境が整ってきたこと、中小企業が気軽に使える選択肢も容易されてきたことから、具体的な検討をするようになりました。
ActiBookに興味を持たれた理由は何ですか?
北谷様:家具製造販売と同時にインテリアコーディネーターの仕事をする中で、他社カタログを請求することが多々あります。
最近では紙面カタログを請求するよりも、電子カタログをよく見かけるようになり、利便性を感じていました。
自分たちが便利と感じることは、「お客様にも便利かも知れない」と正直思いました。
そんな折、偶然にもスターティアラボ様の女性営業スタッフの方からお電話をいただき、弊社にお越しいただきました。
彼女は弊社カタログのデモンストレーションを作ってくれていました。肌理の細かな対応、これには脱帽です。
そのデモを見たら、ActiBook(アクティブック)の良さをとても身近に実感しました。 また画像の拡大表示ができることで、今まで紙のカタログやWEB画像だけでは伝えきれない弊社の「革張り」の良さや美しさももっと表現できるかもしれない、伝えられる情報の質と量を格段に増やすことができるかもしれないと拡がる可能性を感じました。
情報発信のあり方に拡がる可能性を感じるActiBookにとても魅力を感じました。

電子ブック作成ソフトの導入の決め手は何ですか?
北谷様:i-pad、キンドルなど電子書籍の登場・普及、携帯電話各社のスマートフォン導入など、数年前と比較してもネット環境は大きく変わり、高速データ通信も容易になりました。 画像の大きいカタログでも一瞬でダウンロードできる環境がPCでも携帯電話でも整備されています。
ActiBookはPCだけではなくiPad、iPhoneへの対応ができることで、幅広い展開の可能性を感じました。
SaaSという利用方法もあり、操作面、コスト面でも中小企業が手軽に導入できる環境が整ったと言えます。
やはり一番は、お客様サービス向上を考えれば、導入するべきと決めました。
実運用はどうご利用いただいていますか?成果などもありましたらお願いします。
北谷様: 弊社では、ActiBookの導入を機に、これまでの「紙面カタログ」から「WEBカタログ」へ切り替えました。スピード対応を重視したため、まったく新しいカタログを作るのではなく、主に過去から蓄積してきた画像データを活用して、WEBカタログを作成し、同時に「価格表」、「革張りカラーサンプル」も刷新し電子ブック化しました。
また、より詳しい商品情報を発信するために使っていたカテゴリー毎の「家具の宝石・作品集」も電子ブック化し、HPで公開しています。
さらに、高級家具メーカー、インテリアコーディネーターならではの知識や知恵をまとめた小冊子なども電子ブック化し、会員限定で閲覧可能としています。
紙面カタログに要するコストの低減もさることながら、新規顧客獲得の有効なツールとして活用、活躍しています。
WEBカタログなどをご覧頂いたお客様にも喜んでいただけています。
ActiBook・スターティアラボへのご希望などありましたらお願いします。
北谷様: スターティアラボのスタッフの皆様、営業担当様、よいご縁をいただき、ありがとうございます。 ActiBookは大企業だけではなく、中小企業でも十分に使える、活用できる良いツールと思います。 多くの中小企業にぜひ広めていただきたいです。ブログやSNSも情報伝達ツール、集客ツールとしては良いですが、ActiBookは情報を発信し、集客してきた目の前のお客様に具体的な行動を促す強力なツールとなり得ると、私は思っています。特に「買回品」と言われる高額商品にとても向いているとも思います。
ホームページ上で伝えきれない溢れる情報や思いを電子ブックや電子カタログとしてまとめ、公開し伝えることがこんなにカンタンにできるのは、皆様のお陰です。ありがとうございます。
「家具の宝石」キットファニチュア
代表取締役 北谷政典
アンケートにご協力いただきまして誠にありがとうございました!