HOME > ActiBook SaaSの導入事例 > お客様の声-K・タナカトレーディング様

導入事例

ActiBook SaaS導入事例-お客様の声(12)-

K・タナカトレーディング様

貴社のご紹介をお願いします
川崎様:当社は、天然石を使ったアクセサリー、その関連品、時計、時計関連品などを中心に、冊子カタログとECサイトから卸販売を行っています。取引先のニーズに沿った商品の開発を常に心がけ、主力となるパワーストーンを使ったアクセサリーやインテリア製品に注力しております。

K・タナカトレーディング様
http://www.cenfill.com/

電子カタログをご利用のお客様の声

自社開発なしでスマホからの閲覧が可能な点などが決め手に
電子ブックを検討することになったきっかけを教えてください。
川崎様: 「ネット&モバイル通販ソリューションフェア 2012 in 東京」に出展されていたスターティアラボさんのブースに立ち寄らせて頂いたことがきっかけです。 CRMなどのシステム関係のセミナー参加が目的で訪れていたのですが、たまたま出展ブースを歩いているときに御社の営業の方から声をかけて頂き、デジタルカタログの話を伺いました。既にコンテンツとしてはWebカタログを配信していましたが、使い勝手も利用率もあまり良くなかったため、存続させるかどうか検討しなければと思っていたところでした。
ActiBookをお選びいただいた理由を教えてください。
川崎様: 理由はいくつか挙げられます。

(1)費用が手頃で導入が容易である
それまで、電子ブックは初期費用が高いというイメージがあり、既存のECサイトが古いものなので、電子ブック導入のためには大幅にリニューアルしなければならないのだろうと考えていたのです。それが、想像していたよりもコストも手間もかからなかったので導入がしやすかったです。

(2)スマートフォンでの閲覧
長年、定期的にカタログを発行・送付しておりましたので、スマートフォンでWebカタログを閲覧できればヘビーユーザーの心をつかむのではと思いました。そこで、実験的にスマートフォン向けにPDFのカタログを配布するなどの試みもしていたところでした。ActiBookはアプリの自社開発等が必要なく、PCからもスマホからも閲覧可能という点が魅力的でした。

(3)PDFデータが利用できる
紙カタログで使用したPDFデータを利用して電子ブックを作成するので、効率が良いという点も決め手となりました。

(4)制作・編集の操作性の良さ
ActiBookの他に、もう1社検討したサービスがあり、費用もユーザビリティもほぼ同等でしたが、制作の際の操作性の良さでActiBookを選びました。

(5)カタログ内にリンクを貼ることができる
最終的にECサイトにつなげたいので、その導線を作ることができることも決め手になりました。

 

他にも、カタログ内でテキスト検索が可能などの点もポイントとなり、導入を決めました。

 

 

商品ページの閲覧数が約3倍に 購入率もUP!
実際に運用してみて、いかがですか?
川崎様:カタログから商品ページへ流入するユーザー数が増加し、運用し始めてすぐに商品ページの閲覧数が約3倍に伸びました。購入率も上がっています。
カタログのページごとの閲覧数がほぼ同数なので、ユーザーにカタログ全体の商品を見ていただけているのだと考えています。

Webカタログの周知方法については、二次元コードと、Webカタログのみで利用可能なクーポンを掲載したチラシを作成し、カタログと同封で既存顧客に送付しました。既存顧客の年齢層が比較的高めなので、見慣れている冊子カタログと見た目がほぼ同じである点が、Webカタログにもとっつきやすかったのだろうと思います。

当社では、カタログ掲載商品それぞれに商品ページへのリンクを張っています。CSVアップロードの機能のおかげで、数の多いリンクを張るのが楽で助かっています。また、CSVデータのダウンロード機能も、カタログのページごとの売上集計を出すのに利用しています。

操作も簡単で、管理画面も思っていたより安定しており、今のところ不満はありません。不満が出ないサービスを提供できるということはすごいことだと思っています。

 

 

 

 

商品ページの閲覧数が約3倍に 購入率もUP! 商品ページの閲覧数が約3倍に 購入率もUP! 商品ページの閲覧数が約3倍に 購入率もUP!

Actibookを使った今後の展望があれば教えてください。
川崎様:ご注文いただいた商品が在庫切れの場合、代わりに他の商品をおすすめするのですが、その際にペン機能を使うことを検討しています。

メモ機能やシェア機能が、Twitter好きのユーザーに響くかと思っていたのですが、意外に反応が少ないという印象ですね。今後の動向を見守っていきたいと思います。

本日は、ありがとうございました!