HOME > ActiBook SaaSの導入事例 > お客様の声-三進金属工業様

導入事例

ActiBook SaaS導入事例-お客様の声(3)-

三進金属工業様

貴社のご紹介をお願いします
K様:三進金属工業株式会社は「物流保管設備」「研究・実験設備」「自走式立体駐車場」の開発、設計、製造、設置、そしてメンテナンスまでトータルにサポートしているスチール製プロダクトの総合メーカーです。
とりわけ物流保管設備のひとつ鋼製ラックの製造では国内ナンバーワン。ご家庭で使えるスチールラックから図書館や物流センターで使用する大型ラックシステムまでバリエーションが豊富です。
また、研究・実験設備では大学や企業の研究施設向けに機能性と安全性、環境性に優れたスチール製の実験台やベンチフードなどを前面に、新しいラボスタイルを提案しています。

三進金属工業様 http://www.sanshinkinzoku.co.jp/index.html

電子ブックを検討された背景をお聞かせください
K様:当社では2種類の総合カタログを使用しています。物流保管設備や駐車場を中心とした「SANSHIN総合カタログ」とラボ向け製品を掲載している「研究・実験設備総合カタログ」です。
このうち、ラボ向けの製品カタログの発行部数が最近の事業拡大で不足してきたため増刷の必要が生じてきました。しかし、増刷するには多大なコストと労力が必要です。
一方、ラボ製品の主なお客様である大学関係の先生方や企業の研究者の方々は日常業務においてインターネットが欠かせない存在であり、調査の多くをネットに頼っているという背景がありしまた。
このようなことから、まずは「研究・実験設備総合カタログ」を電子化することが検討されました。
電子ブック作成ソフトの導入の決め手は何ですか?
K様:優れたコストパフォーマンスと機能性が導入の決め手となりました。
年間を通じてのコスト負担が大きくない一方で、表示が早い、モバイル端末にいち早く対応しビジネススタイルの幅が広がる可能性が見込めたこと。
アクセス解析の設定や検索機能、リンク機能、書き込み機能などが充実していることも導入決め手の要素になりました。
通常であれば難しそうな仕組みも簡単に実現できるのが、魅力的です。

三進金属工業様ブログ画像 デジタルカタログ画像 デジタルカタログ画像

実運用はどうご利用いただいていますか?成果などもありましたらお願いします。
K様:現在は「研究・実験設備総合カタログ」のみの運用ですが、近いうちに単品カタログ、納入事例写真集、製品マニュアルなども電子化します。
それぞれ自社HPよりアクセスできるように対応し、お客様サポート体制を強化し、よりご満足いただける環境作りを目指したいと考えています。
今後はペンツールによる書き込み機能なども多用して、ネットと電話でのサポート体制も強化したいと思っています。
増刷に伴う膨大なコストを削減できたことは別として、ビジネスとしての成果はこれから徐々に出てくるものと期待しています。
ActiBook・スターティアラボへのご希望などありましたらお願いします。
K様:ネット社会の新しい動きに常に対応し、他に遅れをとることのないようよろしくお願いいたします。
アンケートにご協力いただきまして誠にありがとうございました!