HOME > 選ばれる理由 > 拠点間で利用可能

ActiBook SaaSが選ばれる理由

【選ばれる理由5】拠点間で利用可能

1アカウントで複数名の利用が可能

ActiBookSaaSなら、1アカウントのご契約で複数の拠点の複数の方がご利用いただくことが可能です。
まさに、SaaSサービスならではの特徴ですが、「必要な人が必要なときにインターネット上にあるサービスを活用する」ということが実現できます。

例えば、営業部全体で資料を電子ブックで共有しているときに、『東京の営業部がアップした資料が古くなったから、大阪の営業部で更新してしまう』ということが可能です。
その際、その資料の公開されているURLを同じままで公開することが可能なので、東京の営業マンも何も気にすることなく新しい資料に切り替わった電子ブックを活用することが可能です。

逆に、資料が公開されているURLを変更することも可能ですので、そうすることによって、拠点間バラバラの資料を使い分けるようなことも可能になります。

1アカウントで複数名の利用が可能

社内報などの持ち回りにも大活躍

簡単操作でアップロードから電子ブック作成ができるActiBookSaaSだから、社内報の持ち回りなどにも大活躍します。

拠点が多い企業では「期間ごとに持ち回りで社内への近況報告などを社内報を使って行う」ということがあるようです。
その時、どんな形式でどのように周知すればいいかは意外と悩むもの。
ActiBookSaaSを使えば、PDF形式で作ったものを新規ブック作成で管理画面から登録するだけで、電子ブック形式で全社に共有することができます。
複雑な操作も必要ありませんし、持ち回りする拠点分ライセンスをご導入いただく必要もありません

この手軽さを使って、拠点単位ではなく個人単位でご利用いただく方法も面白いかもしれませんね。

  • PC版デジタルカタログのサンプルを見る
  • 1週間利用可能!簡単デモ版申込みの方へ